ブログを書くというのは自己表現なんだから楽しめばいいんだよ

ブログを書いていると自分の思った通りの文章がなかなか書けなくて苦しいときもある。

言い回しが分かりづらかったり、思ったように伝わる文章が書けなかったり、頭の中にあるものをそのまま取り出せる感覚が足りなかったり、何かと自分の力不足を感じるものだ。

それでも自分を自由に表現するってことの楽しさを知れば、やめてしまおうだなんて思わないものだ。

 

自分を表現するためには、自分の思ったまま文章を書くスキルが必要になる。

メソッドやノウハウを教えている人もいるけれど、そういった知識を頭に入れたとしても表面をなぞるばかりでは自分を表現しきれるとは言えない。

やっぱり自分をそのまま表現するためには、知識を頭に入れるだけで満足せずに、自分を表現することを楽しんでいかに数多く試行錯誤を重ねるかってことが大事になってくる。

 

自分をそのままさらけ出すためには、まず自分のことを知らなければならない。

自分自身が分からなければ、うわべの形だけ整えたものしか出来上がらないからだ。

どんなことが好きで、何に興味があって、どんなことを経験してきたのか、きみと言うフィルターを通した世界の見え方をアウトプットするんだ。

 

一人として同じ境遇で同じ生き方をする人間はいないんだから、きみのフィルターを通してアウトプットされたものは、きみだけの表現になる。

そして、その純度が高ければ高いほど、きみの色が濃く出ることになるんだ。

 

逆に表面的なスキルやノウハウを元にアウトプットしてしまえば、教科書通りの優等生的なきみらしいとは言えないものしか書けないだろう。

形をキレイに整えることばかりに意識が言って、肝心の中身がしっかりしていなければ自分を表現しているとは言えない。

包装ばっかりやたら豪華なプレゼントを開けてみたら、中身が空っぽの箱だけだったなんて悲しすぎるからね。

 

そうやって自分を表現することを続けているうちに、なんだか少しずつ思った通りに文章を書けるようになってくる。

そしたら始めはほんの少し興味が湧いただけのブログを結構好きになっているもんだ。

好きになればもっと自分の自由に文章を書きたいっていう気持ちが湧き上がってきて、その気持ちがまた表現したいという欲を駆り立てる。

 

何事も興味を持って始めたら、まずは楽しむこと、そして楽しんで続けているうちに上手くなっていき、さらに高みを目指したくなっていくものなんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました